モメイマ
その日に気になった事やゲームのプレイ状況などを、だらだらと綴るありがちなオタブログの一つ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
E3 2011な話
PS Vitaが発表されましたね。

24,980円という価格は、「NGPにライバルはいない」と言った割には、明確に3DS(25,000円)を意識した価格でした(苦笑)。

価格自体は正直に言って驚きました。1月に仕様が公表された時点で、3G無しで35,000円、下手すれば40,000円超えかもと思っていたので、SCEマジック炸裂という感じです。
「逆鞘はしない」という旨の発言を考慮すると、何かしらのスペック表に現れていない部分でのコストダウンが図ったと思われます。一番怪しいのはメモリですね。公開されていませんし。後藤さんのレポートによると512MBらしいので、製品版ではそれが何MBになったのかが気になります。もう一つ可能性があるとすると、バッテリー容量でしょうか。ここを減らすとゲームギアの二の舞になりかねないのですが…。

次に気にかかるのはソフトウェアラインナップです。UMDを廃止したことで事実上の新ハードとなったわけですが(PSP GOユーザは除く)、現時点で正式に公開されているサードパーティのラインナップは、PS3の移植ばかりです。
確かにそれはPS Vitaの性能の高さを示してはいるのですが、同時にサードパーティが様子見をしているということも暗に示しています。発表されるまで(おそらくは内々に提示されていたであろう)価格を信じられなかったことと、PSPとの互換性が無いことからPSP Goの再来になるのではないのかという二つの疑念が、サードパーティを萎縮させている要因になっているのではないかと思います。

価格は払拭されましたが、Goの再来という疑念はまだ払拭されていません。
ファーストパーティとしてのSCEがどこまで積極的にリソースを傾けるかに掛かっていると思います。

さて、次は任天堂のターンです。3DSは苦しい立場に追い込まれましたが、ゲーム機は価格だけが全てではありません。

「ゲーム機は、どうしても遊びたいソフトを楽しんでいただくために仕方なく買っていただくものだ」

果たして3DSで、“Cafe”で、どのような提案を、どのようなソフトを提供するのでしょうか。

以下、追記。

“Cafe”こと「Wii U」が発表されました。
E3の中継をリアルタイムに見ていましたが、途中まであのタブレット型コントローラが本体かも、と危惧するような演出はどうかと…。しかしながら「TVの取り合い」という伝統行事(笑)の解決を図ろうとするとは、任天堂はいつも想像の一歩先に行きますな…。

性能の詳細は非公開ですが、「ゼルダHD」のリアルタイム技術デモとかみると中々良さそうです。TV側のクオリティはPS3並、さらにタブレット側の処理も遅延無くやっているみたいなので、PS3やXBOX360以上のポテンシャルはありそうです。
来年発売と言うことでソフトウェアラインナップはまだまだと言う感じですが、とにかく触ってみたいハードですね。懸念点はコントローラと値段です。コントローラはおそらく、CPUやGPUといった自ら演算するチップはほとんど無いだろうからPSP VITAよりは軽くなりそうですが、歴代据置機のなかではかなり重い部類にはなりそうです。
価格は40,000円以下ならなんとか。できれば3DS+10,000円の、35,000円に抑えて欲しいです。
# E3では3DSはあまりプッシュしていない印象ですが、どうせポケモンで息を吹き返すだろうという見込みでしょうか?

しかし、PSP VITAが一日で逆の立場になるとは思わなかった。
PSP VITAはバッテリー問題が解決していることを明示しなければなりませんね。
もしあまりにもバッテリーが持たないならば家庭内で使わざるを得ず、Wii Uと競合してしまうですから。

追記の追記
「ハード本体の販売で3年以内に利益を出すことを目指す」らしいので、PS VITAは逆鞘かも?
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム雑記 - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。