モメイマ
その日に気になった事やゲームのプレイ状況などを、だらだらと綴るありがちなオタブログの一つ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PS MoveがWiiリモコンの丸パクリな件について
SCEがモーションコントローラ「PlayStation Move」を発表しました。
Eye-Toyの周辺機器という壁と、$100(約一万円)という壁を乗り越えて、どこまで普及するのでしょうかねぇ。

しかしながら、ここまで露骨にパクるとは思わなかった。アイディア的に光る点が、文字通り「光る玉」しかないなんて!

特に「ヌンチャク(線が無いという点ではむしろ「Wii ワイヤレス ヌンチャク」か?)」とどこかで見たようなイメージ画像はヒドイ。

ちなみにkotakuによる機能比較を見る限り、コントローラとしてはWiiモーションプラス以下のような気がします…。電池とヌンチャクの線が無いことは評価できますが、スピーカーとヌンチャク側のモーションセンサが無いのは駄目駄目でしょう。
スピーカーが無ければ、テニスゲームでラケットとして振っても手元から音がしないんですよ?

ちなみに、kotakuの記事中の“よりスマートなコントローラー”で挙げられたWiiリモコンの欠点は、Wiiモーションプラスで大幅に改善されています。「斬撃のレギンレイヴ」でそれを実感した人も多いでしょう。

最もモーションコントローラの使い方を知っていて、それで世界で最も売り上げを上げているゲームメーカーが絶対に参入しないというのは、その他のサードパーティにとって良いのか悪いのかは判りませんが、まぁこれで、サードパーティは言い訳が出来なくなったわけで、ちょっと楽しみですよ。
スポンサーサイト

テーマ:■PLAYSTATION®3 - ジャンル:ゲーム

DSi「立体かくし絵 アッタコレダ」は期待外れ
2010/03/03に配信されたDSi用ゲーム「立体かくし絵 アッタコレダ」ですが、正直言って期待外れでした。

傾きセンサーの代わりに、カメラで顔の状態をチェックすることでDSの傾き状態を計算しているようなのですが、紹介ムービーのように、思ったように動かせられません。そもそも片手でDSを持って傾きを微調整しつつ、もう片方の手でカーソル移動&確定というインターフェース自体が難しめと言わざるを得ません(十字キーを押したり画面にタッチしたりすると傾きがずれることが多い)。しかも顔認識の為に、DSは一定以上の距離に離さなければならないため、より難易度が上がってしまいます。
ヒントコインの収集など、やや微細な作業も要求される為、やっていてストレスが溜まります。

配信前は、例えば「ラブプラス」の次回作で採用されたりしたらエロい面白いとか思っていたのですが、任天堂ですらこの程度の精度でしか作れなかったということで、逆にその可能性を潰してしまったという感じです。勿体無い。

そういえば、「星空ナビ」付属の『DS方位センサーカード』が刺さっていたら、それを利用してくれたりしないのかしら…。「星空ナビ」を持っていないから確認することはできませんが。

テーマ:ニンテンドーDS - ジャンル:ゲーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。