モメイマ
その日に気になった事やゲームのプレイ状況などを、だらだらと綴るありがちなオタブログの一つ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(その他) 07th Expansion最新作「うみねこのなく頃に」Webサイト公開
07th Expansionさんが、最新作「うみねこのく頃に」のWebサイトを公開されました。

前作に引き続き閉鎖空間での連続殺人事件モノですが、がらりと印象が変わっています。前回の作品は「陰謀か。偶然か。それとも祟りか。」がポイントでしたが、本作は「推理は可能か、不可能か。」がポイントのようです。正解率ゼロ%への挑戦ということですか…(苦笑)。

「作品紹介」を呼んだ印象ですが、作品中で魔法としか思えないような不可思議な現象で事件が引き起こされ、それが魔法だという論理を作品内で立証して読者全てを納得させた上で、最後の最後で実は“少しの偶然とたった一つだけ残された物凄い細い道”を辿れば人間が起こすことが可能だったという結論になりそうな予感がします。もしそうなったら傑作となるでしょう。

とにかく夏頒布予定の第一章、“Legend of the golden witch”(仮称)に期待です。音楽面もdaiさんを始め、様々な人が協力しているとのことなので期待してます。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

(その他) 今週気になったニュース
ウィルコムの新スマートフォン画像がリーク?(Engadget Japanese)
ティーザーサイト「x-w.jp」で予告されている次世代Willcom端末がうっかり(?)リークされた模様です。[es]をさらに少し縦長にしたような形状です。正直に言うと初代W-ZERO3のような大きな液晶の端末を望んでいたので、これだけなら残念ですね。
関連:ウィルコムの新スマートフォンは、WM6“Classic Edition”搭載のW-ZERO3後継機(ITMedia)

アップル、文化庁を激しく非難 「日本の著作権行政、消費者を無視している!」「文化庁、もはや著作権行政運営の資格なし!」(痛いニュース)
Apple、良くぞ言ってくれた! GJ!!

Appleは五つの理由を挙げて非難していますが、最も気になった理由3の一部抜粋します。

> 土肥一史氏 一橋大学教授、松田政行氏 青山学院大学教授/ 弁護士
> が頻繁に補償金制度存続の論理的根拠とする「国際基準」なるもので、WIPO、ベル
> ヌ条約の基準が取り上げられるが、両名氏は事実誤認を繰り返している。そもそも、
> WIPOに加盟している184ヶ国の内、補償金制度を携帯機器に対して導入しているの
> は僅か11ヶ国つまり、6%に過ぎない。更に、ベルヌ条約批准163ヶ国の内、僅か7
> カ国つまり4.3%しかiPod等の携帯機器に課金していない。依ってもし「国際基準」に
> 日本が合致するのなら約95%の国がとっている「補償金制度廃止」が「国際基準」で
> ある。

権利団体側が主張する“国際基準”とやらが如何に根拠に乏しく、嘘に等しい内容だということがよく判りますねぇ。

関連
私的録音録画小委員会第4回会合、議論は平行線をたどる(slashdot Japan)
アップルが「文化庁は著作権行政から手を引け」と主張(林檎の歌)


18禁ゲーム「王賊」マスターアップ!6月29日発売(ソフトハウスキャラ)
6月期待の18禁シミュレーションゲームだったりします。毎回なかなかに遊べるソフトを出してくれるので今作も期待しているのです。おもちろん予約済み。…ところで定番のデモムービーの公開はまだですかー?(笑)

とりあえず店舗別特典を自分用にメモしておきます。

【書き下ろしテレカ】
メッセサンオー(絵柄未公開)
ソフマップムスト&八重
Laox/AsobitCity(リディア&ネイ&ケーニスクフェア?)
メディオアルイエット
GOODWILLリディア&ネイ

【オリジナルテレカ】
げっちゅ屋
RX-GAME
とらのあな
(その他) 今週気になったニュース
ファイル共有ソフトでのダウンロードが違法に…知財推進計画2007正式決定(痛いニュース)
展開によってはGoogleのキャッシュやメッセンジャーも違法になりかねないのはどうかと思います。ところで、ダウンロードする“前”に、ダウンロードしたいものが違法か合法かを判別するシステムって作れるのでしょうか? そのシステムを構築する前にこの法案が成立するとネットの合法利用が出来なくなって「ネット終了」なのですが。

著作権の非親告罪化やP2Pによる共有の違法化は誰が言い始めたのか?(GIGAZINE)
アメリカ合衆国政府からの通達でした。政府が急に動き出したような気がしたのはこれが原因なのでしょうか? 過去、様々な法令も自国民ではなくアメリカの顔色を窺って制定されたのかもしれないと思うとむなしくなります。いっそのこと戦後に“アメリカ合衆国 日本州”になった方が幸せだったのかもしれません。少なくとも英語で苦労することはなさそうですし(苦笑)。

HD DVD/BDがコピー可能になる新たなAACS暗号解除コードがまた登場(GIGAZINE)
本格的にイタチゴッコの様相を呈してきました。過去の例を見る限り、いかに強化しようともプロテクトは破られ続けると思います。それと同時に、CCCD等の利用が不便になるほど強力なプロテクトは最終的に消費者に忌避行動を起こさせてしまいました。ACCSの場合はどうなるのかまだ見えてきませんが、注意深く見守って生きたいと思います。

ドラえもん最終話(偽)を描いた男が謝罪(Slashdot Japan)
あらま。現実問題として、ここまで大事になってしまったことを考えれば、落としどころとしては妥当でしょう。同人好きとしては、少々複雑な気持ちですが。

関連:同人誌と表現を考えるシンポジウム
(1)アピール不足だったかもしれない──自主規制の現場(IT Media)
(2)イベント会場でマジックで塗るということ(IT Media)
(3)「貧しい漫画」が向き合ってきた自由と責任と(IT Media)
(4)言うべきは言い、守るべきを守る(IT Media)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。